浜松商工会議所/ロボットSIerと中小製造業のためのマッチングサイト

ハマロボSIerナビ
ロボット化に興味のある企業様へ
導入支援SIer一覧
お問合せ

株式会社プラス電機

HOME> > 導入支援SIer一覧 > 株式会社プラス電機

得意分野

ものづくり

  • 鋳造・鍛造
  • 樹脂成形
  • プレス
  • アーク溶接
  • スポット溶接
  • 塗装
  • 機械加工
  • 研磨
  • バリ取り
  • 組立
  • ピッキング
  • 入出荷
  • 測定・検査・試験
  • マテハン
  • クリーンルーム

三品産業

  • 食品
  • 化粧品
  • 医薬品

その他

  • ロボットシステムを用いた学校の実習装置

使い易さと耐久性を誇る特殊ロボット

産業用ロボットやマイコン応用装置の設計製作を手掛ける。アルミ鋳造用注湯ロボットは、ユーザーのニーズに応じて自社開発したもの。溶解炉からラドルで計量して溶融金属を汲み上げ、金型の注湯口から流し込む。危険で高温の過酷な環境でもメンテナンスフリーで稼働し、操作が簡単なため海外でも多く使われている。これらを組み合わせたFA・CIMシステムの制御設計や、情報ネットワークを応用した遠隔監視制御装置の開発を得意としている。

実施業務内容

  • 工程分析
  • システム企画・構想
  • 基本・詳細設計
  • 製造・組立
  • 設置工事・運搬
  • ティーチング
  • 保守点検
  • 特殊ロボット設計製作
納入事例

アルミ鋳造の注湯作業のロボット化

産業ジャンル

  • 自動車・自動車部品

ロボットの用途

  • 溶接
  • ハンドリング
  • 検査
  • バリ取り
  • 搬送
  • 組立

ロボット導入による効果

  • 省人化
  • 生産性向上
  • 省力化・省スキル化
  • 品質向上・安定
  • 作業環境改善

概要

  • 今から37年前、アルミホイール鋳造の注湯作業を人が行っているのを見て、鋳造用注湯ロボットを開発し、世界のアルミ鋳造工場に導入して現在に至る。汎用ロボットを使用した、諸々の設備の自動化も行っている。

ロボットシステム導入前

アルミ溶解炉から杓で人がアルミ溶融を汲み、型まで運び注湯する。

ロボットシステム導入後

  • 写真①/必要湯量に合わせてラドル(杓)の角度を決め、約700℃で溶解しているアルミ溶湯を汲む。
  • 写真②/要求された鋳造機まで搬送する。
  • 写真③/要求された鋳造機の金型に、型によって異なる入り具合を調整しながら、アルミ溶湯を注湯する。

ロボット導入の背景

  • アルミ溶解炉から約600℃以上の溶湯30kgを、鉄の丸棒に付けた杓で汲み上げ、金型まで運び注湯する作業は、危険で重労働、夏は暑く、人が行う作業ではない。
  • 昭和55年、自動車メーカー向けにスポット溶接ロボットを開発し、数十台を納入した翌年には、大手ロボットメーカーが続々とスポット溶接ロボットを売り始めた。大手ロボットメーカーが手を出しにくいロボットとして、鋳造用注湯ロボットを開発し、昭和57年5月、アルミホイール製造メーカーに納入を始め現在に至る。

ロボット導入のプロセス

  • 鋳造によるアルミホイール製造工場は当時3勤交代で365日稼働しており、機械が故障すると夜中でも呼び出された。故障せず使い勝手が良い物に改良して、世界中に売りっぱなしで現在に至る。
  • 汎用ロボットを用いた工場の自動化も、弊社で並行して行っている。最近AI機能を組み込んだ汎用ロボット等も出始め、今後は多岐にわたる分野でのロボット化が進むため新しい道を模索中。

ロボット導入効果

  • 人の手足を補助するもの。労働力の補充。キツイ・危険・汚いからの補助。掃除、料理、小間使い。
  • 人の頭脳労働を補助するもの。AIロボット、通訳、物知り博士、医者、弁護士、会計事務、その他。
労働生産性 3倍
人数
3人
0人
労働時間
8時間
24時間
生産量
100個
360個
その他の効果 3Kの保護

導入成功のポイント・教訓

  • 最近、人手不足でのロボット化の需要が高まっているが、3勤交代の場合ロボット化のメリットは出やすいが、1勤のみ1人のロボット化と、多品種少量生産のロボット化は導入コストの問題が出やすい。
  • ロボットのAI化が始まっているが、まだ、ほとんどのロボットでティーチング(教示)が必要で、中小企業への導入の場合はフォローが必要となる。

ロボットの説明(機能・スペック) [ロボットメーカー : 株式会社プラス電機]

  • 溶解炉で約700℃で溶解しているアルミ溶湯を、ロボットアームに付けたラドルにて計量して汲み、指定された鋳造機まで搬送し、溶湯の入り具合に合わせて金型に注湯する。
  • PR5C-R 間接型走行式(旋回付き)、PR4C-B 間接型定置式(旋回付き)、可搬湯量30kgで標準タイプ。他に15kg~100kgタイプがある。

導入ユーザーから一言 [世界中のアルミ鋳造工場]

安全で取り扱いが簡単で、故障が無く、耐久性が良い。  担当部長

ロボットSIerから一言 [株式会社プラス電機]
バブル崩壊後は海外の需要が主でしたが、国内も高齢化と人手不足で需要が出始めました。ご採用よろしくお願い致します。

社長室 代表取締役社長 上滝憲夫
会社情報
社名 株式会社プラス電機
本社所在地 静岡県浜松市北区根洗町26
連絡先 TEL:053-437-7211
営業部

私たちはこんな会社です 事業の概要
自社商品
鋳造用注湯ロボット、サークルディスプレイ、光多重伝送端子台

得意技術
産業用ロボット設計製作、産業用ロボット導入技術、コンピューター使用遠隔制御システム開発、自動制御装置設計製作、自動計測及び検出装置設計製作

特徴
ロボットやNC装置の基本ソフトの設計製作やメカの設計製作が可能で、特殊なロボットやNC装置の設計製作が出来る。
汎用ロボットを使用した工場等の自動化に多くの実績を持つ。
コンピューターのソフト開発を得意として都市水道大型ポンプ場の遠隔操作ソフト開発も行う。
取扱ロボットメーカー プラス電機(アルミ鋳造用注湯ロボット)、 ファナック、安川電機、川崎重工業、 その他ロボットメーカー全て
主要顧客 日本国内および海外アルミ鋳造工場全て、 国内自動車工場、自動車部品工場
設立 1969年
資本金 1,000万円
従業員数 16名
代表者 上滝憲夫
ホームページ http://www.plus-ec.jp
MAP